挨拶

理事長 朝野 卓也

幼保連携型認定こども園小佐々幼稚園・保育園の思い

便利さを志向する今の世の中では、人に会わなくてもスマホで用件が済み、クリックひとつで買い物ができてしまいます。こうした大人社会の中で生きる子どもにとって、かつてのように外で群れて遊びながら育つという環境はほぼ失われてしまい、これは小佐々地区も例外ではありません。昔から「這(は)えば立て、立てば歩めの親心」といわれるように、わが子の成長を願う親の愛情は不変です。子どもにとっての昼間の家庭であり、生まれて初めての学校となる認定こども園小佐々幼稚園・保育園は、園児すべての健やかな成長を願い日々保育に取り組んでいます。乳幼児期は、触ったり、見たり、聞いたりと、五感を使い体験をして物事を知ります。この時期の子どもたちは、とても活動的です。疲れを知らす、失敗を恐れず、何事にも何度でも挑戦していきます。大人が当たり前と思っていることも、子どもは自分でやってみないと分かりませんし、経験してはじめて分かることばかりです本園では、このような子どもたちの意欲、好奇心、頑張る力などを育めるよう、学齢別に設置する乳児期(0~2歳)、幼児期(3~5歳)のふたつの施設を活かしながら、ひとりひとりの生活やリズムの違いに配慮した保育を行っています。あわせて園児だけでなく地域の未就園児の保護者の方にも子育て支援を行い、子どもを産んでよかった、子育ては楽しいと、すべての保護者の皆様に思っていただけるような小佐々地区の子育て拠点となることを願っています。

園長 城 靖子

自然に囲まれた静かな高台に建つ園舎。小佐々町の四季折々の風景が心を和ませてくれます。天気のいい日は、園庭で遊ぶにぎやかな子どもたちの声とともに一日が始まります。季節ごとに、遊びの素材もたくさん転がっていて、毎日が“発見”の連続です。平成29年4月1日より、認可保育所である小佐々保育所は、幼保連携型認定こども園 小佐々幼稚園・保育園として新たなスタートをしました。私たちは、家庭的な雰囲気の中で、教育・保育の目標のもと、子どもたちの育ちに寄り添いながら保育をおこなっています。子どもたちは、主体的な活動を通して、人と関わり、色んなことを楽しみながら学んでいきます。子どもたちの興味や関心を育み、自らの意志や体験を、様々な側面からサポートすることが私たちの役割ではないかと思っております。人を思いやり、優しい心を持った、心豊かな子どもたちに育って欲しいと願いながら、職員一同、日々取り組んでいきます。